【衝撃の事実】保険会社が教えてくれない火災保険にまつわる真実!

隠れ情報

【衝撃の事実】保険会社が教えてくれない火災保険にまつわる真実!

出典 http://best-insurance.biz

出典 http://best-insurance.biz

実はもらえるはずのお金を貰っていない人が80%もいるのです。
その金額はなんと平均150万円!

今すぐまとまったお金が欲しい方も!
ちょっとお小遣いが増えれば嬉しい方も!
傷んだ自宅を修繕したい方も!
『保険の真実』について学びたい方も必見!
きちんと受け取る方法を完全公開!
本当ならもらえるはずのお金をきちんと受け取る方法を完全公開

第一話

皆さん火災保険には入られてますよね
でもこの火災保険はその名前が火災保険であるが ゆえに
火事じゃないと保険金額がおりないというふうに思っている方が ほとんどです

だけど実は風雪水害雷雹(ひょう)
このようなものでも保険金が実はおります
これ保険会社の人たちはあんまり声高に言わせない事実です
どうしてかっていったら言って知られてしまうとみんな申請しますよね
そうした保険料を払わないといけないじゃないですか
できれば保険会社としては 払いたくないし、
払わないで済むならその方がうれしいですよね

だけど保険をかけている側からすると
実際に自分が正当にもらえるはずのお金なんです
だったら申請すればいいだけじゃないですか
きちんと毎月保険金かけている方もいらっしゃるだろうし
まとめて払っている方もいると思いますけれど
実際に保険金を払っているわけですからね
掛け金を払っているわけだから、正当な権利として
もらえるんだったら貰うべきだと思います

つまりこの火災保険、火事じゃなくても雨による被害
例えば雨が振って大雨で屋根から雨漏りするようになった
ということはあるんじゃないですか
あるいは風が強くて雨どいが壊れたとか
雪でどこかがいたんだとか
こういったことが頻繁に 起こるじゃないですか
これ全部が保険金の対象なんです

だけど知らないからみな申請しないだけなんです
そして、知ってる人でもこれは結構大変なんですよ
大きな壁があってそれは何かといったら申請しようと思っても
資料をそろえないといけませんね
例えば家が何か傷んでるとして
じゃあこの痛み具合はこの日のこの雨で傷んだっていうことを
写真とともに証明したりとか
そしてそれを資料に添えて提出するとか
結構厄介な作業ではありませんか?

だから知っている人でもその 作業が煩わしいないしは
自分ではできないから っていう理由で
申請しないと、いわば泣き寝入りしている状態です
という方がすごく多いんですよ
でも実際は火災保険は風雪水害雷ひょうなどでも
保険金がおりるのでこれを申請したいですよね

じゃあここで、この煩わしい作業を、結構専門性を要求されますよね
この痛みは雨で痛んだもの なんだとか風で傷んだものなと
雪で傷んだものなんだっていうことを
きちんとその保険会社が納得するような形で資料をそろえて提出する
かなりこれは難しい専門性を要求されると思うんですけれど
これをやってくれる診断士がいたとしたらどうでしょう?
しかも無料で!

プロ中のプロの診断士があなたの自宅とか工場とか病院でもいいです
とにかく火災保険入っていれば
その火災保険に入っているその建物まで行って無料で診断してくれる
もっと言うとその現地まで行く交通費も
あるいは遠方の場合だったら その診断士の先生が宿泊したりする必要もあります
その宿泊費さえも診断士の方が持ってくれると つまり交通費も宿泊費もその
診断士の先生が自腹をきるのであなたは一切お金をそこを払う必要ない
しかも全部お金を向こうが持ってきてくださって
そしてプロ中のプロの診断士が無料でその建物の痛みとかを診断 してくださって
そして無料で写真を撮ったり 資料を作るっていうことをやってくださって
無料であなたが加入している 保険会社に申請を出してくださって
そしてその正当な権利としての 保険金をもらってきてくださる
そういうことをノーリスクです
無料でやってくださる方がいると したら
これは申請しない理由がないですよね

だって1円も払う必要ないんですよ!ノーリスクです
何が必要か?あなたがやら なければいけないことは1つだけです
それは何かといったらその診断士の方が来てくださって
プロ中のプロの診断士が来てくださって
実際にその建物を 診断していくわけです
ああここは雨で傷んでるな とかここは風で傷んだなとかって診断していくときに
当然ですけれど立ち合っていただく必要 がある。これだけです
いわば1時間かそれくらい大きな建物だったら2時間 というケースもある
かもしれないけれど1~2時間
あなたは立ち合いだけそして もちろん自分の建物自宅とかを
診断してもらうんだから当然 立ち会わなきゃいけないですよね
ということをやるだけ!一切 お金を払う必要がないと
これはすごいことだと思いませんか?
これは絶対に申し込んだほうがいいというか申し込まなければおかしいですよね

火災保険は風雪水害雷ひょうなどでも保険金があおりるんです
でもこれを知らないがゆえに、
あるいは知っていても手続きがわずらわしいがゆえに
もらっていない人が圧倒的に多い
じゃあ どれくらいの割合で保険金もらえるのかって言ったら
調査によるとなんと80 パーセントです

80%つまり火災保険に入っている人のうちの
82%の方が、10人中8人ですよ
100人中80人です、1000人中800人もの人です
その人たちが本当はもらえるはずの保険金を もらってないんですよ
保険金おりるはずなのにもらってないんです
80%の人にはおりるんですよ
しかも金額としてどれぐらいおりいるのかって言ったら
平均するとなんと約150万円だそうです

これは平均値です
もちろん10万円とか 20万円という方もいらっしゃいます
多くの方が70万80万円100万円みたいな形のハ方も多いと聞いてます
でも中には大きな建物もありますよね
病院だとか工場みたいに大いに大きな大きな建物の場合
何百万700万800万とか中には
何千万円3000万円4000万円5000 万円の保険金が降りるっている
そういうケースも実際にあります

そしてその平均値を撮ると150万円というふうになっているんだけれど
例えばこれが10万円 20万円でもいいですよね
10万20万30万だとしてもだって
本当はもらえるはずなんだけ れどを知らないがゆえにもらえなかったものを
これを 申し込みをするだけでもらえるんだったらもらいたいじゃないですか
しかもこの平均150万円これを もらえる人が
なんと火災保険に入っている人の80パーセントの人がもらっていないわけです

無料でプロが来てくださって無料で診断してくださって
無料で資料を作って申請書作って
無料であなたが加入している 火災保険の会社に
申請してくれるんだったら
絶対やりましょうね

その診断士の方にどれだけ謝礼を払ったらいいのか?
全部無料でやってくださるんです
完全成果報酬型です
完全成果報酬型でどれだけなのかって言ったら
おりた保険金の30%です

おりた保険金の30%をその診断士の方に
謝礼としてを支払ってください
おりた保険金が30%診断士の方に 謝礼として支払うと
例えば100万円保険金がおりたら30%の30万円を
その診断士の方に支払ってください
残りの70万円はどうなるかっていたあなたのものです
あなたが懐に入れれば いいわけです

もちろんその70万を使っても 知り合いの工務店に頼んで
壊れているところ直 してもいいでしょう
あるいはもちろん、ここはまあ壊れているけど いいや
これぐらいだから我慢できるしというところは直さず
一部だけ直して残りを懐に入れてもいい
あるいは全額自分の懐に入れてもいいと思います

30%つまり保険金が200万円をおりれば60万円ですね
30%ですからそれを謝礼として 成果報酬の謝礼としてお支払いください
おりた保険金から払ってください
残りの140万円はあなたのものです

じゃあ1000万円おりたらって考えてください
1000万円おりから30%の300万円はプロの診断士の方に
謝礼として支払ってください
700万円はあなたのものです
その700万円を使って修理をしてもいいし
修理をしなくてもかまわない わけです

いわば今あなたがお持ちの建物が現金に変わる
申し込み書を書くだけでプロの方がやって来てくださる
しかもその申請資料を全部プロの方が作ってくださる
あなたはそれに単純に応募するだけです

自分はそれをやってもらいたい
プロの方にやってもらいたい無料でやってもらいたい
というように応募するだけなんです
これだけのことです

条件が2つだけあります
一つは何かといったら言うまでもなく火災保険に入っている、
当たり前ですね
火災保険に入っていることが条件です
そしてもう1つは何かといったら築5年以上の建物
例えばこれは家でもいいですし
病院で工場とかアパートとかマンションなど
1棟で持ってる方もいらっしゃいますよね
なんでもいいのでこの建物築5年以上の建物のオーナーである
自分が持ってる人だっていうこと
これが条件になります

中にはねやいやそんなの持ってないよという
単純に賃貸ででアパートに住んでるんだいう方
アパートの一室に賃貸で進んでいるんだとか
オーナーではあるけれど分譲マンションの一部屋だという方も多いと思います
そういう方は残念ながら今回は
申し込みできないですけれど耳寄りな情報があります
それに関しては次回のお話しでお伝えするので 楽しみにしていてくださいね

そういう自分は建物の オーナーじゃないという方も大丈夫です
これに関しては次回のお話しで耳寄りな情報を教えますから
本当に楽しみにしていてください

今回はこの築5年以上の建物、
家でも病院でも工場でもビルでもアパートでも
マンションでもなんでもいいです
建物だったら何でもいいです

その築5年以上というのはどういうことかって言ったら
あんまり新しいと傷んでないでしょう
新築は基本的に全然傷んでないじゃないですか
こういういうケースが多いですよね
診断士の方が交通費とか宿泊まで自腹を切って来てくださるわけだから
新築とか築1年とか築年数が浅いと
保険金がおりないことの方が圧倒的に多いのは
簡単に想像できますよね

築5年以上ならかどこかしら傷んできているということなんです
ですので築5年以上の建物のオーナーである
火災保険に加入している という
この2つの条件を満たしていれば
お申込みを受け付けていますので今すぐ申し込んでください

お申し込みいただいてからだいたいどれくらいしてから
そのプロの方が来てくださるか
診断士の方が行ってくださるのは今の時点でだいたい
2カ月から3カ月待ちになってます

2カ月から3カ月待ち、どうして かって言ったら言うまでもないですね
だって無料でやってくださるわけだから
たくさんの方がもう既にのお申込みになっているんです

だからそういう方を順番に行ってくださっています
もちろんそのプロ中のプロの診断士は何人もいらっしゃいます
何人もいてそういう方々が 順番にあちこち
担当している地域にいきますので
早く申し込めば早く申し込むほど早く来てくれます

なのでもしあなたが築5年以上の建物、家とか病院 とか工場を持っている
アパートマンション何でも いいです1棟の建物ならいいのです
一部屋はダメです、マンションの中の一部屋のオーナーもダメです
建物全体を持っているっているケース
特に工場とかビルとかは病院とかマンションを持っている方は
大きな大きな保険金がおりるような機会かもしれません

もちろんご自宅だっていいです
平屋建てだろうが2階建て3階建てだろうがそれなら何でもかまいません
建物のオーナー、築5年以上の建物のオーナーで
火災保険に加入さえしていれば
プロ中のプロの診断士があなたのその建物のところまで
すべてリスクはそちらの診断士の方が負う形でに来て下さいます

行ってくださって無料で診断し無料で資料を作って
無料で保険会社に申請して下さいます
80パーセントの方は平均150万円の保険金がおりています

1つだけ懸念することがあると思います
一切保険金がおりなかったらどうするんだと
その診断士の方の交通費だとかその人の作業代を
自分が払わないといけないんじゃないか
そこを不安に思う方もいらっしゃいますよね

実は一切かかりません0円です
診断していただいて資料を作っていただいて
火災保険の会社に申請してもらって
結果一切保険がおりないという1円も保険がおりなかったとしても
あなたは1円も払う必要 ありません

完全成果報酬型なので0円だった場合には0円の30%は当然0円ですから
1円も払う必要がない完全にノーリスクです
完全にノーリスクであなたの建物の診断をしていただいて
そこから正当な権利としての保険金を受け取るという
こういった提案をさせていただいているわけです

人は人間ドックに行きますよね
もう40代とか50代60代になってくると
1年に1回人間ドックを受けるという方もいるんじゃないでしょうか
だけど建物では?となったときにこの建物診断なんてなかなかやらないですよね
いわば建物ドックとでも言うんでしょうか
この建物をきちんとプロの方に診断してもらって
どこが傷んでるのかというのをちゃんとチェックしてもらってしかも
それを無料でやってもらって何もなかったら
何もないでそれは安心じゃないですか

もしどこも傷んでませんで終わったとしても
それはそれで無料でそれを診断してもらえるんだから嬉しいですよね
でも築5年以上の建物だったら80%の確率で
平均150万円の保険金がおりていると
もちろんこれは大型のビルとかマンションとか
そういったものを含めて150万円ですから
もしかしたらこの一軒家みたいな形だったら
70-80万円とか100万円みたいな形の平均値になるかもしれません

いずれにせよ10万円以上、多いと何千万円の保険金が おりてるっていう
これが実際80%あるわけです
とにかく申し込んだ順に受け付けていきますので
今の時点で2カ月から3カ月 待ちになってます
早くこれを自分自身の正当な権利として
建物を無料でプロ中のプロの方に診断してもらってそして
保険金を受け取る手続きをすべて無料でやってもらうと
完全成果報酬で30%謝礼として支払うだけです
これを今すぐ申し込んでください

そして、自分は建物のオーナーじゃないよ
あるいはオーナーだけれどマンションの一室だけだよとか
アパートの一室しか持ってないよとか
そもそも賃貸でそんうな物件なんて持ってないよという皆さん
この話を読んでいる中にたくさんいらっしゃると思います
そういう皆さんにとてもとても素晴らしいニュースがあるんです
これに関しては次回のお話ででお伝えしますので
必ず次回のお話しもご覧ください

取り扱い会社の問い合わせフォームに移動します

火災保険の保険金は火事以外でももらえるってホント?

なぜ保険会社はおしえてくれないの?

手続きの際の大きな壁とは?

1円も使わずにプロに頼んで手続きできる方法とは?

知ってるだけできちんと保険金を受け取れます

「火災保険」にまつわる知られざる事実を学んでいただきました。
驚いた方も多いのではないでしょうか。
ご覧になられて、今どのようなお気持ちですか?

この話本当なのかな?
どんな裏があるんだろう?
お金がもらえるなんて疑わしい!
ホントに0円でノーリスク?
後からお金を請求されたりしない?

そんな不安や疑いを持ちつつも、心の中のどこか一部では、
「これは、もしかすると!?」

という淡い期待や、
これで家族と旅行に行けるとか、
これで子どもの大学の入学金が出せるとか、
これで恋人にプレゼントを買ってあげられるとか、
これで借金が返せるとか、
これでジムに通ったり、英会話学校に行けるとか、
ドキドキが止まらない感覚もあるのではないでしょうか?

様々な心の中の感情があると思います。

その中でも一つだけ間違いなく言えること

それは、
火災保険は風雪水害でもおりるし、
本来ならもらえるはずの保険金、
それも平均すると150万円ものお金を受給していない人が
約80%もいるというのは厳然たる事実だということです。

「家屋、アパート、マンション、ビル、工場、病院、学校などといった
建物のオーナーじゃない人にも耳寄りな凄まじい情報」は
次回のお話しで明らかにしますが、
今回のお話しで「火災保険」の知られざる事実を知っていただけたことでしょう。



ちなみに、次回のお話しは建物のオーナーの方にとってももちろん極めて有益ですので、
「火災保険申請サポート」をお申込みになられる建物のオーナーの方も必ずご覧ください。

そして、今回のお話しを一度見ただけで理解できなかった方は、
二回三回とご覧くださいね。

見れば見るほど、そして理解が深まれば深まるほど、
この情報を知ってるか知らないかで、
どれだけ大きな差が生まれるか実感できます。

ワンクリックで記事を自動生!広告収入でお小遣い稼ぎ♪
初期投資0円、ランニングコスト0円!専門知識も一切不要!

世界最大級の無料キャッシュバックサイト
お買い物が断然お得!いよいよ日本上陸!

1

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事